dp-web

記事一覧(25)

朽ちゆく『タウシュベツ橋梁』の今をドローンを使って3Dデータで保存する方法

(1)準備GS Proで飛行計画を設定する 上士幌町糠平湖にある北海道遺産「タウシュベツ橋梁」。旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の一つ。1939~1955年の間、橋梁の上に敷かれていた鉄道は木材などの輸送手段として使用されていた。廃線後、さながらローマ時代の建造物のような出で立ちとその朽ち行く姿がツアー客など訪れる多くの人々の目を楽しませている。
 橋梁が経年劣化のためアーチを保てるのは今年限りかもしれない…そんなニュースを聞いたdp編集部は、ドローンとアプリを使い3Dモデル化し“今の状態”のデータ保存を試みることにした。流れとしては、①準備、②撮影、③3Dモデル化の3つの工程で行う。
 まずは①準備から。撮影にはPhantom4を使用。3Dモデル化するには、対象物の様々な角度から、一定の割合で重なり合う(オーバーラップ)写真の撮影が必要になる。手動でシャッターを切る撮影でも可能だが、正確性を期すため今回はDJIの自動飛行アプリ「GS Pro」を使用する。設定にあたり、GS Proに詳しいDJIスペシャリスト・佐々木徹さんに教えていただいた。
 タウシュベツ橋梁は水平方向に長い形状のため、図1のような6つの円と、四角いエリアの飛行を組み合わせる。撮影場所は携帯電話の電波が届かないエリアなので、地図がダウンロードできないという情報を佐々木さんにいただいていたため、事前にGS Proでミッション(飛行計画)を設定してから現地へ向かった。教えていただいた人佐々木 徹さん

dp 設置場所

フリーペーパーの「dp(ディーピー)」は、以下の設置場所のご協力で配布しています。見かけたらぜひ手に取ってご覧ください。印刷部数が限られており、配布分がなくなりますと手に入らない場合もございますので、あらかじめご了承ください。●ベルワラ(帯広市西12条南28丁目17)●喜久屋書店(帯広市西4条南12丁目3 長崎屋帯広店 4F)●TSUTAYA 木野店(音更町木野大通西12丁目1-10)●宮脇書店(帯広市西8条南17-2)●畜大生協(帯広市稲田町西2線11)●ピースロックストア(帯広市大通り南3丁目20-1)●鳥せい 木野店(音更町木野大通西9丁目1)●トヨペット 大通り南店(帯広市大通南20丁目10)●ドコモ 札内店(幕別町札内桜町83-20)●十条写真スタジオ(帯広市西10条南26丁目71)●ブルーム(音更町下音更北5線西17)●十勝イン(帯広市西3条南10−14)●ホテルやまこ(帯広市西5条南12丁目9)●帯広図書館(帯広市西2条南14丁目3番地1)●帯広市民文化ホール(帯広市西5条南11丁目48-2)●道の駅 なかさつない(中札内村大通南7丁目)●道の駅 さらべつ(更別村弘和464-1)●道の駅 忠類(幕別町忠類白銀町384-12)●更別ふるさと館(更別村字更別189番地1)●AIRSTAGE 帯広店(帯広市西5条南13丁目1)